犬等の動物を飼う時の注意や対策など必要な知識

動物の治療や早期発見

治療法は人間と変りありません

「手術療法」 患部の主要を外科的両方によって取り除く方法です。犬の場合は体が小さいので 腫瘍が大きい場合は運動能力を損なってしまう場合があります。例えば、手や足の切断などです。 人間と同じように化学療法もあります。抗がん剤を投与することです。脱毛などの副作用があります。又何回も投与を重ねると効果が薄くなるというデメリットもあります。 他の治療法としては幹部に直接放射能を当てる放射線治療や、免疫療法などもあります。それ以外にもマッサージやハーブ、犬用のお灸など化学療法や手術に頼らない方法もあります。 犬の癌も早期発見早期治療が原則ですが、人間のように痛みを訴える事もなく、自覚症状が分かり難い為発見も遅れます。

犬の癌の見つけ方とは

「早期発見」 犬の癌を早期に発見する為には飼い主が注意深く見てあげる事が大切です。 白目が黄色くなっていないか、口の中に何か出来ていないかを診ます。 又足を引きずっていたり、お腹を触ると痛がったりしていないかも大事な所です。 おしっこや便に血が混じっていないか確認します。どこかをかばうようなしぐさはないか、疲れやすい様子はないかも見てあげます。一番分かりやすいのは食欲です。何時もと変わりなく食事をしているか、食べる速度は遅くないかも重要です。皮膚がただれていたり、出血したりしていれば危険な兆候です。犬の癌を早期に発見するには飼い主の注意深い観察が大切になってきます。喋る事が出来ない犬の癌は飼い主が見つける以外にありません。