犬等の動物を飼う時の注意や対策など必要な知識

病院の原因と予防

犬が癌にかかる原因とは

近年、犬の死因として増えているのが癌です。そもそも犬は、比較的、癌にかかりやすい傾向があり、人間と同じように年齢を重ねるほどに癌の発症率は高くなります。 犬が癌を発症する原因は、高齢の他にも、いろいろな原因があります。まず第一に挙げられるのが、食生活の偏りです。犬の食事というとドッグフードをあげている方が多いです。しかし、ドッグフードばかり食べさせていては、十分な栄養を摂取できません。というのも、ドッグフードは加熱処理をされるので、熱に弱い栄養素がなくなってしまうからです。なので、癌にかかるリスクが高くなります。 その他の要因は、運動不足によるストレスです。きちんと犬を外に出して散歩に連れて行かないと、運動不足になります。その結果、ストレスが溜まりやすくなり、免疫力を低下させて病気になりやすくなってしまいます。

病気を予防するための対策

犬の癌の最も有効な予防方法は、病院で定期的な検査を受けることです。犬の癌というのは、平均して6歳くらいから増える傾向にあります。よって、6歳くらいを目処に年1回、動物病院で定期検診を受けさせると良いです。 その他の予防方法は、飼い主が毎日愛犬をチェックすることです。たとえば、毎日のおしっこ、便のチェックを行います。チェックでは、尿や便の色は正常か、血が混じっていないか、下痢はないか確認します。その他にも、皮膚のチェックも行います。皮膚にただれ、腫瘍、出血や痛がるような部分はないか確認します。日頃から犬のことを観察することで、わずかな異常を発見しやすくなります。それで、病気の早期発見に繋がります。

しつけのあれこれ

実は、しつけの仕方も従来のものとは違うものになりつつあります。また、犬種によって個性が違ってきますので、犬種によるしつけの仕方を把握しておく必要が出てきています。

» もっと読む

餌の購入

インターネットの普及から、色んな通販サイトが出てきています。通販サイトで扱っている商品は人間だけが使用するものだけでなく、ペット用品も多くの種類を扱っています。

» もっと読む

動物の治療や早期発見

病気の早期発見や、治療法は人間だけのものではありません。動物にも、ちゃんとあります。家族の一員を長生きさせるためにも、ちゃんとした情報をしっかりと覚えておきましょう。

人気の犬種

柴犬やトイプードルの他にも、人気のある犬種は沢山あります。特に当てはまるのがチワワです。人気のある犬種に当てはまるのかそれだけでなく、飼育する前のコツを知っていきましょう。

家族の一員です

動物を飼う前に、家族の一員になることをちゃんと念頭に置きましょう。それだけでなく、人間よりも寿命が短いこともです。最期まで責任を持って飼うことが出来るかしっかり考えてから、家族として迎えましょう。

↑ PAGE TOP